白内障

このような症状があるんだけど…

緑内障は視野が欠けていく病気です。
中高年の失明の原因として二番目に多い病気です。ほとんどの人は自覚症状がないまま進行します。

視野が欠けていくイメージ(右目)

自覚症状が無いんだったら、どのようにして発見するの?

緑内障を早期に発見する方法は、40歳を過ぎたら眼科で定期的に検診を受けるという事です。緑内障はハッキリとした自覚症状が無いままに進行するので「何か物が欠けて見えるな」と症状が現れている時には、緑内障がかなり進行している場合が多いのです。一度障害された視野は元には戻せません。「特に悪い訳でもないのに、何でいちいち検診なんて行かなきゃならないんだ」と思わず、1年に1~2回は定期検診を受けることをお勧め致します。

緑内障の定期検診って、どのような事をするの?

緑内障の定期検診には、次のような検査を行います。

眼圧検査•••角膜に空気やセンサーを当て、眼圧(眼球の固さ)を調べます。
眼底検査•••検眼鏡や眼底カメラを用いて、眼底の視神経に異常がないか調べます。
視野検査•••視野計測の機械を使い、視野が欠けていないか調べます。

もし緑内障の診断を受けたら、どんな治療法があるの?

一度障害された視神経をもとに戻す方法はないため、病気の進行をくい止める事が目標となります。その最も有効な方法は眼圧を低くすることです。薬物治療、レーザー治療、手術が一般的です。

お問い合わせ方法

お問い合わせは、電話のみの受付けになります。ご了承くださいませ。
電話番号 052-352-6200

初めて当院にかかられる方へ

PageTop

目のレンズが濁って、視力が低下するなど様々な症状がでます。定期的に検診を受けましょう。

緑内障は進行性に視野が欠けてゆく病気です。ほとんどの場合自覚症状のないまま進行します。

眼科を受診すると、検査の多いことに驚かれる方もいらっしゃると思いますが、どの検査も非常に大切な検査です。

三歳児検診は視覚障害の早期発見、とくに弱視の検出が主な目的です。

医院の中をご紹介します。当院のこだわりをご覧下さい。

初めて当院にかかられる方、各種検診をご希望の方はこちらをお読み下さい。

当院のホームページは、 スマートフォンでも御覧いただけます。

系列医院のご案内

田辺眼科クリニック
昭和区円上町24-18
TEL:052-884-8677

高辻コンタクト

コンタクトレンズのご案内です。

携帯サイト