よくある質問

Q.白内障手術前検査はどのような事をするのでしょうか?

A.目の硬さを測定する眼圧検査と、視力検査はほぼ毎回行います。

角膜内皮の細胞数を測定する角膜検査、点眼によって瞳を広げて目の奥の観察をする眼底検査は、白内障手術決定前検査として行います。

手術が決まりましたら、涙がきちんと鼻の方まで通っているか調べる検査、物の見えている範囲を調べる視野検査、血液検査を白内障手術前検査として予約で行います。

その後、田辺眼科クリニック(http//wwwtanabe-eye.com)にて、網膜を断面図で撮影して眼底の状態を確認するOCT(光干渉断層計)、白内障で取り出した水晶体の代わりに入れる眼内レンズの度数を決める超音波検査を予約で行います。

カテゴリ:

PageTop

目のレンズが濁って、視力が低下するなど様々な症状がでます。定期的に検診を受けましょう。

緑内障は進行性に視野が欠けてゆく病気です。ほとんどの場合自覚症状のないまま進行します。

眼科を受診すると、検査の多いことに驚かれる方もいらっしゃると思いますが、どの検査も非常に大切な検査です。

三歳児検診は視覚障害の早期発見、とくに弱視の検出が主な目的です。

医院の中をご紹介します。当院のこだわりをご覧下さい。

初めて当院にかかられる方、各種検診をご希望の方はこちらをお読み下さい。

当院のホームページは、 スマートフォンでも御覧いただけます。

系列医院のご案内

田辺眼科クリニック
昭和区円上町24-18
TEL:052-884-8677

高辻コンタクト

コンタクトレンズのご案内です。

携帯サイト