よくある質問

Q.最近近くが見にくくなってきましたが老化でしょうか?

A.多くの場合は、老化いわゆる『老眼が出てきた』ことによる症状です。『老眼』は、専門的に言えば、『調節障害』です。『調節』とはピントを合わせる機能で、眼の中にある水晶体(柔らかい凸レンズ)の厚みを変えて行います。老化により体の各パーツが硬くなって、前屈もしんどくなるように、眼では水晶体が以前のように厚みを変えることができなくなり、目にグーッと力を入れても、近くのものが見にくくなってきます。
このほかにも病的異常で、調節衰弱、調節不全、調節遅鈍、調節麻痺、調節緊張、調節痙攣などの調節障害により、近くが見にくくなることもあります。
老眼が出てきたことにより、近くが見にくくなった場合は、眼鏡をかけることで、見やすくなります。どのような眼鏡をかければ快適に生活できるかは、眼の状態はもちろん生活環境や職業なども考慮して決めることをお勧めします。眼科で相談されると良いでしょう。病的な異常で見にくくなることもあるので、一度眼科で診てもらうことをお勧めします。

カテゴリ:

PageTop

目のレンズが濁って、視力が低下するなど様々な症状がでます。定期的に検診を受けましょう。

緑内障は進行性に視野が欠けてゆく病気です。ほとんどの場合自覚症状のないまま進行します。

眼科を受診すると、検査の多いことに驚かれる方もいらっしゃると思いますが、どの検査も非常に大切な検査です。

三歳児検診は視覚障害の早期発見、とくに弱視の検出が主な目的です。

医院の中をご紹介します。当院のこだわりをご覧下さい。

初めて当院にかかられる方、各種検診をご希望の方はこちらをお読み下さい。

当院のホームページは、 スマートフォンでも御覧いただけます。

系列医院のご案内

田辺眼科クリニック
昭和区円上町24-18
TEL:052-884-8677

高辻コンタクト

コンタクトレンズのご案内です。

携帯サイト