よくある質問

Q.白内障と緑内障はどのように違うのでしょうか?

A.白内障は年齢を重ねると、程度の差はありますが、誰でもかかる眼の病気です。水晶体(カメラでいうレンズの働きをしている)が濁り、見えにくくなります。この眼の濁りは、ほとんどの場合、眼の老化によるもので、人が歳をとると髪の毛が白くなったり、皮膚にしわが寄るのと同じような正常な変化です。いったん濁ってしまった水晶体を元の状態に戻すためには、手術によって水晶体(カメラでいうレンズ)の濁りを取り除き、人工のレンズを入れる以外に方法はありません。点眼薬は、水晶体の濁りを取り除くためのものではなく、白内障の進行を遅らせるための薬です。日常生活を送る上で、不自由を感じるようになったときが、手術のタイミングといえるでしょう。ただし、早めに手術をした方が良い場合、手術を待った方が良い場合もありますので、主治医と良く相談すると良いです。

一方、緑内障は、自覚しづらい病気で、視野(ものの見える範囲)が欠けていく病気です。

放置していると少しずつ進行し、最悪の場合は失明に至る病気です。網膜(カメラでいうフィルム)には、一面に視神経(ししんけい)がはりめぐらされており、緑内障は正常に機能する視神経が減少する病気です。失われた視神経の部分に相当する視野が欠け、一度失われた視神経は再生せず、欠けた視野も二度と戻りません。

病気の進行とともに徐々に見える範囲が狭くなり、最悪のケースでは光を失う事になります。緑内障には、いろいろなタイプがありますが、多くの人がかかる緑内障は、痛みや充血といった症状もなく、病気の最終段階まで見えにくいという症状も自覚しません。唯一の自覚症状は、視野(物の見える範囲)の一部に見えない所ができるというものですが、普段私達は2つの眼で物を見ているため、互いの眼の視野で補い合って、これも意外に気づきません。多くの場合、自覚症状がないため、緑内障とわかっていても、不自由しないからと、治療を受けない人もいるくらいです。40歳以上の17人に1人は緑内障と言われています。自覚症状がない病気ですので、40歳を超えたら一度眼科を受診し、緑内障の検診を受けることをお勧めします。「早期発見・早期治療」が重要な病気です。緑内障と診断されたら、進行を食い止め、今の状態を維持していくよう、日常生活の中で緑内障とうまく付き合っていくことが大切です。

カテゴリ:

PageTop

目のレンズが濁って、視力が低下するなど様々な症状がでます。定期的に検診を受けましょう。

緑内障は進行性に視野が欠けてゆく病気です。ほとんどの場合自覚症状のないまま進行します。

眼科を受診すると、検査の多いことに驚かれる方もいらっしゃると思いますが、どの検査も非常に大切な検査です。

三歳児検診は視覚障害の早期発見、とくに弱視の検出が主な目的です。

医院の中をご紹介します。当院のこだわりをご覧下さい。

初めて当院にかかられる方、各種検診をご希望の方はこちらをお読み下さい。

当院のホームページは、 スマートフォンでも御覧いただけます。

系列医院のご案内

田辺眼科クリニック
昭和区円上町24-18
TEL:052-884-8677

高辻コンタクト

コンタクトレンズのご案内です。

携帯サイト