よくある質問

Q.遠視と老眼は一緒でしょうか?

A.遠視と老眼は混同されがちですが、違っています。遠視は網膜(カメラでいうフィルム)より後ろで焦点を結ぶ眼で、遠いところにも近いところにもピントが合っていない目です。いわゆる近視・遠視・乱視という、眼の屈折の状態を表しています。それに対して、老眼はピント合わせをする力(カメラでいうフォーカス機能)が弱くなり、近くが見づらくなる老化現象です。誰にでも年齢を重ねる事で起こる現象です。近くが見づらいという点では、遠視も老眼と同じ症状なので、混同されるのだと思います。同じ近くが見づらい症状でも、その原因が全く異なります。

遠視の人は、普段遠くを見るときも近くを見るときも、自分のピント合わせの力(カメラでいうフォーカス機能)を使って物を見ています。遠くのものを見るときより近くのものを見るときに、たくさんピント合わせの力を使うので、遠視の人も近くが見づらいという現象が起きます。若い時は、ピント合わせの力(カメラでいうフォーカス機能)がたくさんあるので、その力を使える範囲で、物を良く見ることができます。また、『遠視の人は老眼になりやすい?』と言われる事もありますが、そのような事はありません。遠視の人は、遠くを見るときにもピント合わせをしていて、さらに近くを見るときにはそれに加えてピント合わせをしなくてはいけません。同じ近くを見るのでもたくさんのピント合わせの力を使っているので、老眼を早く自覚する可能性があるのです。

カテゴリ:

PageTop

目のレンズが濁って、視力が低下するなど様々な症状がでます。定期的に検診を受けましょう。

緑内障は進行性に視野が欠けてゆく病気です。ほとんどの場合自覚症状のないまま進行します。

眼科を受診すると、検査の多いことに驚かれる方もいらっしゃると思いますが、どの検査も非常に大切な検査です。

三歳児検診は視覚障害の早期発見、とくに弱視の検出が主な目的です。

医院の中をご紹介します。当院のこだわりをご覧下さい。

初めて当院にかかられる方、各種検診をご希望の方はこちらをお読み下さい。

当院のホームページは、 スマートフォンでも御覧いただけます。

系列医院のご案内

田辺眼科クリニック
昭和区円上町24-18
TEL:052-884-8677

高辻コンタクト

コンタクトレンズのご案内です。

携帯サイト