白内障

『何となく・・・子供の目が寄っている気がする』
『子供がテレビを前の方で見るようになってきた』
『物を見るとき、いつも頭を傾けて見ている』
『目を細める回数が増えたような気がする』
『絵本を見たり、童話を読んでも、根気がなく飽きやすい』
『戸外の明るいところへ出るとまぶしそうに目を細め、片目を強くつぶる』

お子様にこのような症状が現われた場合には、お子様が何らかの目の障害を抱えている可能性があります。目の障害は外見では分かりにくいため、見過ごされやすく、なかなか保護者の方が見ていても気づくことが難しいのが現状です。

3歳になれば個人差はありますが、ある程度検査できるようになります。
3歳になったら、お子様の目のはたらきぐあいを知るために、一度眼科で検査を受けましょう。
当院では、視能訓練士による斜視や弱視の訓練治療もおこなっています。

小児眼科で診療する病気の代表例は以下の通りです。

斜視

ものを見るときには、右目も左目も両方の目が、見ようとするものの方向に向いています。ところが、片方の目が見ようとするものを見ているにも関わらず、もう片方の目が目標と違う方向を向く場合があります。これを斜視といいます。

弱視

眼鏡やコンタクトレンズで矯正しても、視力が出ない目のことを言います。自分の目だけ(裸眼)で視力が0.1であっても、眼鏡などで矯正して1.0の視力が出れば弱視とは言いません。見る力が十分に発達していない幼い時期に、遠視や斜視や乱視であったり、眼帯をしたりして目を使わないでいると弱視になります。

遠視

遠くのものがぼやけ、近くのものはもっとぼやけて見えにくくなります。

近視

近くは見えるが遠くのものがぼやけて見えます。

乱視

角膜がボールの一部のように正しい球面状でなかったりなどで、ものの輪郭がはっきりせず、像がだぶって見えます。

乳幼児期は、すこやかな目の成長にとって、とても重要です。
視力の発達する期間(生後すぐ~5、6歳)に何らかの理由で「物をくっきり見る」ことが妨げられると、視力が発達しません。

乳幼児は言葉で「見えない」と言いません。
両目ともとても視力が悪いお子様は、テレビにくっつくように見るなどで、保護者の方が気づくことがありますが、片目だけ視力が悪い場合には、保護者の方が見ていても気づくことができません。それは、検査をする事で初めて分かるものなのです。

こうした異常に気づかず、見過ごされると、大きくなってから治療しても十分な視力が得られない場合があります。
できるだけ早期に見つけ、小さいうちから正しい治療や指導をする必要があります。

乳幼児の症状は、早期に発見すればする程、より良い治療効果が期待できる場合が多いのです。お子様の目の様子がちょっとでも変だなと気づかれたら、できるだけ早く眼科を受診しましょう。何も気にならなくても、3歳になったら一度眼科を受診なさることをお勧めします。

お問い合わせは、電話のみの受付けになります。ご了承くださいませ。
電話番号 052-352-6200

初めて当院にかかられる方へ

PageTop

目のレンズが濁って、視力が低下するなど様々な症状がでます。定期的に検診を受けましょう。

緑内障は進行性に視野が欠けてゆく病気です。ほとんどの場合自覚症状のないまま進行します。

眼科を受診すると、検査の多いことに驚かれる方もいらっしゃると思いますが、どの検査も非常に大切な検査です。

三歳児検診は視覚障害の早期発見、とくに弱視の検出が主な目的です。

医院の中をご紹介します。当院のこだわりをご覧下さい。

初めて当院にかかられる方、各種検診をご希望の方はこちらをお読み下さい。

当院のホームページは、 スマートフォンでも御覧いただけます。

系列医院のご案内

田辺眼科クリニック
昭和区円上町24-18
TEL:052-884-8677

高辻コンタクト

コンタクトレンズのご案内です。

携帯サイト